KCA -Kansai Creator Association- について

KCA -Kansai Creator Association-は、2017年2月 関西に拠点を置くクリエイター同士のナレッジ交換を目的に発足した「関西クリエイター交流会」を前身とし、
人と人との交流だけにとどまらず。ビジネスマッチングや勉強会など多岐にわたる活動を行なうため、2018年1月「KCA -Kansai Creator Association-」に改名。
ここから関西のクリエイティブワークをあっつあつに盛り上げて行くことを目的に活動しています。

【団体理念】

関西クリエイターに、より多くのビジネスと相互成長の機会を提供し、その価値・商品力・認知度を底上げし、関西を始めとした、日本市場の変革を達成する

わたしたちの活動について

CONTENT

交流会

【交流・娯楽の機会創出】

月一回の定例交流会。名刺交換や自己PRタイムを設けて繋がりの機会を生みだします

勉強会

【技術革新・成長の機会創出】

講師を招いての勉強会や、セミナーの開催で、スキルアップや情報強化の機会を生みだします

マッチング

【ビジネスの機会創出】

・月一回のビジネスマッチング交換会
・KCAからの協会メンバーの活動情報の発信

経済の主戦場は関東であることは残念ながら認めざるを得ません。
私たちの生活圏や、経済圏は都道府県を超えて、展開しているにも関わらず、関東と比べ、それ以外の地域は、あらゆる側面において、スポットライトが、当たりにくい土壌です。
また、大手企業の多くが、東京に拠点を置くため、より高価な取引を求めて、どんどんと関東に人材が、流出していくのも、当然の理です。
しかし、このまま、皆が目先の利潤を求めて、今後も、首都圏一極集中が、加速し続ければ、地方の空洞化は更に促進され、格差は拡大します。

そもそも、関西は、経済の中心地として、栄えてきた歴史があります。
商人の町特有の学問熱と、お上になびかず、本物の価値ある商品を求めゆく、素晴らしい民族性が根深く残っています。
そんな関西の未来のためにも、日本の未来のためにも、誰かが、この国の宿命を転換しなければなりません。

幸いにも、ここ関西の地にこだわりを持ち、経済の冬の時代を、何年も少数精鋭で、力強く生き残ってきた人々がいます。

素晴らしい技術と、才能を持ったクリエイター達です。

彼らは、関西の企業を底上げし、盛り上げゆく可能性を秘めた、極めて専門性の高い人々です。

しかし、首都圏一極集中が最も顕著なのが、クリエイター業界でもあります。
東京を舞台に二極化は進み、熾烈な価格競争や、技術革新に参入できない、個性溢れる才能が、国内で疲弊し始めております。
そうした社会的問題を背景に、他業種の方々が見れば、感動するような素晴らしい技術を持ちながらも、日の目をみることなく、淘汰されたクリエイターも決して少なくはありません。

―そんな彼らをもっともっと、世の中に発信していきたい。 
―KCAから、関西、ひいては全国・全世界のクリエイター市場を底上げし、世界の市場を変革していきたい。

その悲願からKCA -Kansai Creator Association-は創立されました。

KCAに所属するとどんなメリットがあるの?

主催者の利益を遵守するための、主催者のための会ではありません。
10人より、100人、100人より1000人、その一人ひとりの総合力で、共に切磋琢磨しあいながら、創りあげていく(クリエイトしていく)会ですので、メンバーの数だけ無限大の可能性があります。

一口にクリエイターといっても、広告物を制作する商業デザイナーや、カメラ・映画・絵画といった芸術的分野、アプリやゲーム開発といった機能的・娯楽的なものまで、そのジャンルは多岐に渡ります。

KCAでは、そうした様々な才能を持つ関西のクリエイター同士が、自由闊達に接触するチャンスを設けるだけでなく、情報交換や、相互成長、ビジネスの機会を創出できるような場の提供に努めております。
また、メンバー同士が、それらの活動を通じて、信頼関係を構築し、パワーチームとして結束することで、新たな商品価値を生み出し、これまでは取り組むことができなかったような、より大きな仕事の機会を創出することも期待できます。 更に、そうした多様で豊富な人脈を背景に持つことで、お客様からの信用度も高まるため、営業ツールとしての活用も期待できます。
ご興味がありましたら、まずは定例交流会からご参加頂ければと思います。

参加資格

・近畿圏で活動するクリエイター、またはクリエイターにチャンスを提供できるクライアントに限定しております。
・ご自身が参加資格を保有するかご不明な場合はお問合せフォームよりご連絡下さい。

イベント開催情報はこちら

CLICK