クリエイター個人ジャーナル⑧-cocoluWAさん

皆さんこんにちは。

学生チームの畑山です!🌱

 

クリエイター博まであと1週間です!!

時間が経つのがとても早いですね、、!💫 楽しみです!

 

今回は

クリエイター博個人ジャーナル第八弾

になります!

最後までご覧ください!!🌟

 


 

今回のジャーナルは、

cocoluWAさん

です!!

 

 

・普段はどのような活動をされていますか?
株式会社ギアミクス、株式会社エイチイーという会社でロープアクセスという移動技術を活用し、主に学校の建物やビルの外壁点検や補修を行っております。
この技術を応用し、2021年3月よりエンターテイメント事業を展開しております。

・活動を行う上で原動力となっていることはありますか?
皆様の「ありがとう」という一言を頂けたときです。
困っていることを解決できたときに感謝されると、また頑張ろうと思いますね。
3月から開始するエンターテイメントでは、感動を与えられるチームにしていきたいと思っておりますので、「楽しさ」「面白さ」を提供できたときが原動力になります。

・活動の中で普段から大切にされていること、抱かれている思いは何ですか。
心に寄り添うっていうところですね。
求めていることを受け止めて、それをちゃんと満たすことが出来ているということを大切にしております。
エンターテイメントでは、日常と違う世界に浸ってもらって感動を与えることが我々の使命だと思っていますので、どのように世界観を共有するかいつも考えていて、非常に大切な部分だと思っております。

・今回、クリエイター博への出展をご決断されたのはなぜですか。
ズバリ運命ですね!
人から人へ繋がり、このお話を頂きました。
ちょうど、エンターテイメントを行う直後でクリエイター協会さんと出会い、協会さんの想いもお聞かせ頂き、その想いに共感しお誘い頂きました。
タイミングが良すぎて、すごく嬉しかったですね!
ですから、めちゃくちゃ盛り上げたいですね。

・クリエイター博ではどのような作品を出展されるご予定ですか。
ロープアクセス昔話ソングショーという、世界初のエンターテイメントを出展致します。
壁面でロープアクションをしながら、ビジョンにドット絵アニメーションを出し、昔話をcocoluWAなりのオリジナルソングに仕上げてお送り致します。
是非、観て頂きたいです!

・出展される作品にはどのようなメッセージをこめられましたか。
去年は、コロナウィルスの影響からエンターテイメントが世界から激減しました。
感動する場所がなくなった。
そんな世の中を少しでも明るくしたい。
建築やビルメンテナンスをしている技術者がエンターテイメントなんてできるはずないと言われていましたが、挑戦していけばできるんだと証明したい。
こんな私たちでも、笑顔を増やせる活動をしたい。
私たちの活動が少しでも皆様を明るくできるならと、はじめました。

・クリエイター博ではどんな方に見ていただきたいですか。
老若男女問わず観て頂きたいですが、特に若い方には観てもらいたいですね。
コロナウィルスで就職難ということもあり暗い気持ちもあると思いますが、諦めちゃダメ。
私たちの挑戦する姿を観て、是非挑戦する楽しさ、その気持ちを忘れないで頂きたいと思っております。

・出展される作品のみどころやエピソードなどはございますか?
やはり、世界初のアクションショーというところですね。
また、ドット絵アニメーションと楽曲は私たちのオリジナルとなっておりますので、是非観て聴いて頂きたい。
観た感想なんかもホームページにお寄せ頂ければ幸せですね。

・最後に、クリエイター博への意気込みをお願いいたします!
是非、クリエイター博に訪れた際には、観ていって下さい。
一回目はアクションを、二回目はドット絵アニメーションを、何度見ても楽しめるよう考えておりますので、複数回観て頂くことをおすすめ致します。


 

cocoluWAさん、ありがとうございました!!

 

「ありがとう」とても素敵な言葉ですよね。

アクション、ドット絵アニメーション共にとても楽しみです!!🌟

何度も見させて頂きます!

 

以上、第八回目個人ジャーナルでした!

最後までご覧いただきありがとうございました!🌱

 

次回もお楽しみに👀

 

■「KCA クリエイター博 in 奈良」ティザーサイト
https://expo.kan-cre.net/

■KCA 公式 Twitter
https://twitter.com/kancretw

■KCA 公式 Instagram
https://www.instagram.com/kan_cre/

■KCA 公式 Facebook
https://www.facebook.com/kancre/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベント開催情報はこちら

CLICK