朱雀門ひろば3周年記念イベントキャラクター なかまろくん発表!

「関西クリエイター博 in NARA」が無事終了し、既に次の挑戦を探している中井です。

→ おもしろい企画を募集中の代表

 

3/27(土)・28(日)、関西クリエイター博 in NARA 無事終了致しました。

まずはご来場頂いた方、本当にありがとうございました!

特に2日目は悪天候でプログラムも大幅に変更する事になりましたが、それでも多くの方々にお越し頂いて本当に嬉しかったです!

またイベントの様子は後日まとめて御報告させて頂きますのでお楽しみに!!

 

さて今回はそのイベントの中で行われた、

「朱雀門ひろば3周年記念キャラクター なかまろくん キャラクターデザイン表彰式」

で表彰させて頂きました各賞の作品と、それらを元にキャラクター化された「なかまろくん」について発表させて頂きます!!

 

今回の企画の目的は、この『朱雀門ひろば3周年記念キャラクター』の公式キャラクターを関西に住む子どもたちが描いたイラストから決定する、というものでした。

公式キャラクターとして子どもたちに描いてもらったのは、百人一首にも載っている阿倍仲麻呂と、そのお友達です。

 

見事公式キャラクターに選ばれた作品をイラストレーター・デザイナーの 長野 明代 さんに、実際にデザインをしてキャラクターにして頂きました。

そして、今回キャラクター化されたのは、全72作品の中から選ばれた、「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」の三作品です。

それでは早速ご紹介です!!

 

【最優秀賞】

作品名『本を食べたい子鹿と仲麻呂くん』
お名前:阿佐 茉生子(あさ まおこ)さん

コメント
「本をねらう子鹿。いつも仲麻呂くんについていっている。
背中に墨壺を背負っている。
本を食べられないようにしている仲麻呂くん。食べられないように本を上に上げている。服の色は若草山の色で、腰には文字を書くために筆を持っていて、子鹿の墨壺を利用して書いている。鹿に本を食べられそうになると、鹿せんべいをあげている。」

 

まず、本を食べられないように本を上に上げているというストーリーがいいですね!

あと小物が非常に豊富に細かく描かれていて、この絵の中に奈良への愛が詰まっています。

また、衣装がかわいくてキャラクター映えする様に思い、選出させて頂きました!

 

 

【優秀賞】

作品名『けんとうじかとチビまろくん』
お名前:畑山 優花(はたやま ゆうか)さん

コメント
「奈良で出会ったチビまろくんとけんとうじか。一緒に旅に出ることにしました。」

 

とにかく「けんとうじか」がかわいい!

今回、なかまろくんとお友達の2人セットで描いてくれた人が多かったのですが、皆さん素敵な作品ばかりで、かなり迷いました。

なので、なかまろくんとお友達を、別々のお子さんから選ばせていただきました!

優秀賞は、なかまろくんのお友達の方、「けんとうじか」をキャラクター化させていただきました!!

 

 

【特別賞】

作品名『城奈ちゃん』
お名前:田中 綾(たなか あや)さん

コメント
「平城京に住んでいるような、奈良時代の女の人を描きました。みんなに優しい!」

 

奈良時代の女性の衣装や髪型がよく調べられていて、すごく可愛らしく目を引きました!

なかまろくんの横にいてくれるだけで、華やかになると思います!!

 

 

本当にどれも素敵な作品ですね!

このかわいい作品たちがどの様なキャラクターとなったのでしょうか!?

いよいよ発表です!!

 

それでは、どうぞ!!!

 

 

どうですか、めちゃくちゃかわいくないですか!?

表彰式当日も、この絵が発表された瞬間に会場内から「おおーっ!!」と歓声が上がりました!!

 

このキャラクターをデザインしてくれた 長野 さんから各キャラクターのコメントを戴いています!

【城奈ちゃん】

原案の城菜ちゃんは奈良時代の女性の服装や髪型がよく表現されていることと、顔の表情が優しそうなところがいいなと思ったので、キャラクター化でもその部分を表現できるようにこだわりました。
また、服の柄を仲麻呂くんとお揃いにして統一感をだしました。

【けんとうじか】

船を頭に乗せている応募作品は結講あったのですが、船に入った鹿のパターンはなかったのでユニークで目を引きました。
船も遣唐使の乗っていた船がよく表現されていて、鹿の角が帆になっているのも可愛かったのでキャラクター化でもそこをこだわりました。

【なかまろくん】

原案の服の柄が華やかでオシャレなところや、腰部分の小物が細かく表現されているのがいいなと思いました。
とくに腰にしかせんべいを吊っているが面白かったです。
キャラクター化でもオシャレな服装を表現できるようにこだわりました。

 

最後に、惜しくもキャラクター化には至りませんでしたが、イベント主催の KCA -関西クリエイター協会- から「KCA賞」、共催の平城京 再生プロジェクトから「平城京再生プロジェクト賞」を発表してお終いにしたいと思います!

 

【KCA賞】

作品名『なかまろくん ちょっとうとうと』
お名前:くにまつ あかり さん

コメント
「くもで懐かしい三笠の山に運ばれてきたゆめ」

 

まず、雲に寝ていて上からみているという絵の構図が素晴らしいです!

そして、「懐かしい三笠の山に運ばれてきた」夢を見ているというストーリー。

阿倍仲麻呂は、奈良時代に遣唐使として唐に渡り、晩年に故郷を想って句を詠んだと言われています。

その歌には、三笠山が登場しています。

つまり、これは阿倍仲麻呂という人物をきちっと学ばないと書けない絵なんですね!

 

【平城京再生プロジェクト賞】

作品名『なかまろくんと船ちゃん』
お名前:中川 里彩(なかがわ りさ)さん

コメント
「仲麻呂さんは百人一首が有名!手にはかるたをもっています。天才なので、たれ目ですがまゆ毛をあげてかしこさをだしています。お友だちは阿倍仲麻呂さんが乗った遣唐使船です(船ちゃん)。ぜひ!使ってほしいです。」

 

とにかく絵がうまい!!

そして眉毛をあげてかしこさを演出する等、細かいテクニックやこだわりが随所に見られます。

船ちゃんもかわいいですし、朱雀門ひろばのシンボルでもある遣唐使船なのでまさに平城京再生プロジェクト賞にぴったりの作品です!

 

いかがでしたでしょうか!?

まだまだ他にもステキな作品がたくさんあって、選出するのが本当に大変でした…!!

ご応募いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

この企画は、安倍仲麻呂の苦学の歴史を親子で共に学びあい、未来ある子供たちの創造性とオリジナリティ溢れる独創性、また豊かな人格教育を目的としてスタート致しました。

それに伴って、クリエイター博の本番までにも朱雀門ひろばにてワークショップ等を開催、文化と芸術との触れ合いを提供し、イベント当日は募集頂いたイラストすべてを朱雀門ひろばにて展示掲載させて頂きました。

これを機に、一人でも多くの子どもたちが絵を描く喜び、モノを創造する楽しみを感じて頂けたなら幸いです。

 

それではまた次回!!

 

 

■「KCA クリエイター博 in 奈良」ティザーサイト
https://expo.kan-cre.net/

■KCA 公式 Twitter
https://twitter.com/kancretw

■KCA 公式 Instagram
https://www.instagram.com/kan_cre/

■KCA 公式 Facebook
https://www.facebook.com/kancre/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベント開催情報はこちら

CLICK