学生がクリエイター博にかける想い

みなさんはじめまして!

最近は大学のレポート課題と戦っています、関西クリエイター博実行委員学生代表、神戸大学2年の 畑山秀人(はたやま しゅうと) と申します。

 

【私が実行委員になった理由】

私が実行委員になったのはつい1ヶ月前の出来事。

普段は大学で専攻している経営学を学びながら、学生団体の一員としてイベント設計に関わり、息抜きにYouTubeを見て、、、というような生活を送っています。

そんな毎日の中で、私が1年の頃から仲良くさせて頂いている関西クリエイター協会運営スタッフの まみさんに「何か面白いイベントとかあったら教えてください!!」と言ったら「関西クリエイター協会やってみる!?」と言って頂いたのがきっかけでした。

私自身、来年夏から1年間の留学に行く予定があり(コロナでどうなることやら、、、笑)、日本で学生として過ごせる時間が短いため、まぁそれまではなんでもやってみよう、という気概があります。

そこから、代表の中井さんとお話をさせて頂き、「世界遺産という日本の『古』とクリエイターのみなさんの『今』が融合するイベント、ロマンしかない!!」と感じ、学生代表としてクリエイター博の実行委員に参加することが決定しました。

 

【クリエイター博への想い】

、、、と、ここまでで読んでくださったみなさんは薄々お気づきかもしれませんが、私はただの学生で、クリエイターではありません。技術も知識もございません。

そんな私がクリエイター博にかける想いは

『届ける』

です。以下で詳しく説明します。大きく意味合いは2つあります。

①クリエイター博を世界中に届ける

関西クリエイター博では、たくさんの出展者の方々の技術や想いに触れることができると思います。私ができることは、その届く対象をできる限り大きくすること、です。

それは関西圏の学生であったり、自身の知り合いであったり、、、。きっと私が運営委員だからこそ届く人がたくさんいると思います。これは私の慢心で本当は一人もいないかもしれない。ただ、そう信じて私が動き続けるその先には届く人がいる、ということを信じないわけにはいけません。

そう信じられる理由として、私が以前「関西クリエイター博の実行委員になった」という投稿をFacebookにしたところ、今年の2月に私がフィリピンで海外インターンシップを行っていた頃のフィリピン人の友人がメッセージをくれたことがあります。彼は「僕も行きたいけれど、フィリピンにいるから行けない、楽しんでね。」と言うのです。

ライブ配信するしかないじゃん!!!

とすぐさま思いました。フィリピンの友人にまでこのイベントを届けることができる。ならばもっと多くの人に届けたい。これが私の1つ目の「届ける」です。

 

②自らの価値を届けたい

どこにやねん!!と思うかもしれないですが、私もどこに届くかは知りません笑

しかし、このイベントに運営として参加することで何かしら私自身にもスキルや知識が身につくと考えています。それによって、いつかどこかで自らの価値が誰かに届けばいいな、と思っています笑

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

 

■「KCA クリエイター博 in 奈良」ティザーサイト
https://expo.kan-cre.net/

■KCA 公式 Twitter
https://twitter.com/kancretw

■KCA 公式 Instagram
https://www.instagram.com/kan_cre/

■KCA 公式 Facebook
https://www.facebook.com/kancre/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イベント開催情報はこちら

CLICK